美容液

皮膚常在菌スキンケア

スキンフローラを整えてアトピー対策に!

  1. ビオメディ・エッセンスミルクリームの効果は嘘?悪い口コミは?
  2. ※皮膚常在菌スキンケア※ビオメディ化粧品はアトピーに!?

皮膚常在菌環境を整えることは「アトピー」にとっても期待のスキンケアに!

皮膚常在菌環境

肌荒れ・ニキビなど肌トラブルのほとんどが「肌バリアー力の低下」をきっかけとして生じて来るものと 考えられています。

アトピーや敏感肌なども詳細な仕組みは違えど、肌のバリアーが弱まることで、外部刺激が直接皮膚組織へと伝達 しやすくなることによって生じるものです。

そんな肌バリアの機能を担っているのが「皮膚常在菌」。

皮膚常在菌環境(スキンフローラ)を整えることを重視した「ビオメディ化粧品」は、根幹的なスキンケア が期待出来るアイテムとなっています。

↓↓↓

目次

皮膚常在菌とは!?代表的な3種類の常在菌と役割


常在菌フローラ

皮膚常在菌のバランスを整えることがアトピー・敏感肌の方にとっても、効果的なスキンケアに 繋がります。

皮膚常在菌環境(スキンフローラ)を重視した化粧品を上手く活用していくために、まずは 「皮膚常在菌の種類と役割・特徴」について、ポイントとなる部分だけをピックアップ する形でご紹介したいと思います。

実際には、いろいろな常在菌が存在していましたが、スキンケアの仕組み・働きにとって、特に重要な 役割を担っている「3種類の常在菌(表皮ブドウ球菌・アクネ桿菌・黄色ブドウ球菌)」を取り上げて おきたいと思います。

皮膚常在菌1:表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)


表皮ブドウ球菌は、「皮膚表面」「毛穴内部」に存在している常在菌。汗(アルカリ性)や皮脂を餌としてグリセリンや脂肪酸 といつた成分を創出しています。

この表皮ブドウ球菌が出す「グリセリン」がポイントとなる成分で、「皮膚のバリアー機能を維持する役割」を担っているのです。

皮膚のバリア機能を創出する上で、「表皮ブドウ球菌」は欠かすことのできない常在菌となっています。

皮膚常在菌2:アクネ桿菌( Propionibacterium acnes)


アクネ桿菌は、少々特殊な生態を持った常在菌です。「嫌気性菌」といって、「酸素が苦手」な菌なんですね。

通常の酸素がある環境ではほとんど増殖できず、死滅してしまうとのこと。 それゆえに、酸素に触れにくい「毛穴」「皮脂腺」内部に存在しています。

アクネ桿菌は、皮脂を栄養として、「プロピオン酸」「脂肪酸」といった成分を生成しています。

この「プロピオン酸」「脂肪酸」が皮膚表面を弱酸性に保つ役割を担うことに。

弱酸性の皮膚環境(バリア)が他の病原性の強い細菌の増殖を抑制してくれているのです。

反面、アクネ桿菌は一般的なニキビの原因ともいわれています。 ただ、極端に数が増えることさえなければ、ニキビの原因とはならないもの。

極端に皮脂分泌量が増えてたり、何かの異常によって毛穴が塞がれてしまうと、 アクネ桿菌が過剰に増殖・炎症を起こしてニキビを創出することとなってしまうのです。

皮膚常在菌3:黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)


黄色ブドウ球菌は、通常、皮膚表面及び毛穴内部に存在している常在菌です。

少々厄介なのは、ブドウ球菌の種類の中では、「病原性が高い」ということ。

普通の状況であれば、病原性が発揮されることはありませんが、「アルカリ性の環境」となったときに、 黄色ブドウ球菌が急増。皮膚炎などを生じさせてしまうのです。

ですから、「弱酸性の皮膚環境を保つ(皮膚バリアのある状態)」ことが、皮膚トラブルを起こさないための 基本要素なのです。

皮膚のバリア機能を保つために最重要な「表皮ブドウ球菌」の役割・対策


「表皮ブドウ球菌」の役割

皮膚のバリア機能を考えた時に、最も重要な役割を担っている常在菌が「表皮ブドウ球菌」となります。

表皮ブドウ球菌は一般呼称にて「善玉菌」と呼ばれていたりします。

先ほどお話したように、表皮ブドウ球菌は脂肪酸を作り出すことによって、「弱酸性の肌環境(バリア)」 を作り出しています。

その結果、アルカリ環境を好む「黄色ブドウ球菌」の増殖を抑制する役割も担っているのです。

3種類の皮膚常在菌のバランスを保つためには、「表皮ブドウ球菌を減らさないこと」が一番大切なポイントと なるんですね。

そのための生活習慣(対策)として、大切なのが「無理(人為的)に角質層を落とさないようにする」ことです。

表皮ブドウ球菌は角質層に存在しているんですね。

ですから、長時間の入浴、頻回の洗浄・洗顔、洗顔料・洗浄料の過剰使用などによって、角質層が落とされてしまうことは、 「表皮ブドウ球菌を減少させること」に繋がってしまうのです。

ビオメディ化粧品の主成分「LG100」が善玉菌(表皮ブドウ球菌)の増加に!


LG100が善玉菌を保つ

ビオメディ化粧品のスキンフローラ改善を促す主成分となっているのが「LG100」という乳酸菌をベースに作られている成分です。

(※LG100とは何か?の詳細はこちらの記事「※アトピー・敏感肌※ビオメディ「常在菌フローラ健全化」の効果!」をご参照いただければと思います。)

この「LG100」が善玉菌(表皮ブドウ球菌)を減らさないように保持・増加させることに寄与してくれるのです。

その結果、先ほどお話した仕組みにて、善玉菌(表皮ブドウ球菌)が悪玉菌(黄色ブドウ球菌など)の増殖を抑制。皮膚のバリア機能 (弱酸性の環境)が保たれることとなるわけです。

この流れがビオメディ化粧品のスキンケアの主の仕組みなんですね。

アトピーや敏感肌にとっても優しく肌改善が期待できるのも、この仕組みによるものなんですね。納得です。

ビオメディ・エッセンスミルクリーム(オールインワン乳液)の概要

ビオメディ・エッセンスミルクリーム

エッセンスミルクリーム(オールインワン乳液)だけで、「LG100」の効果を期待したスキンケアが行えます。

●通常価格(単品購入):¥3,996円(税込)

公式SHOP割引価格(定期便コース):【初回】¥2,997円(税込) 【二回目以降】¥3,596円(税込)

現在、「最安値」で購入出来るのが下記「公式SHOP」となっています。

↓↓↓

「皮膚常在菌」の関連情報

「ビオメディの効果」関連情報

「BioMedi(ビオメディ)」の関連情報