美容液

ビオメディ化粧品

アクネ菌を活かした「ニキビ抑制」

  1. ビオメディ・エッセンスミルクリームの効果は嘘?悪い口コミは?
  2. ビオメディ化粧品「ニキビ効果」を正しく理解!アクネ菌を活かす

ビオメディ化粧品がニキビ抑制に期待できる理由とは!?

BioMedi(ビオメディ)基礎化粧品

ビオメディ化粧品が「ニキビ抑制」に繋がる・・そんな期待が持てるのは「ニキビ菌」を除去してくれる からではないんですよね。

ビオメディならではの、「皮膚常在菌環境を整える」ことが、結果としてニキビが生じにくい肌環境に繋がっていくのです。

そんな「ビオメディ化粧品」と「ニキビ」との関係性について、皮膚常在菌の視点から、お話してみたいと思います。

目次

ニキビの要因「アクネ菌」は悪玉菌ではありません!


皮膚常在菌

「ニキビ」に関して、昔の知識・常識に捉われていている方も少なくないのかもしれません。

ニキビの原因として知られている皮膚常在菌に「アクネ菌」があります。

この「アクネ菌」によって、ニキビが創出されることから、アクネ菌は「ニキビ菌」と呼ばれていたり します。

この印象が強いからなのか・・「アクネ菌を退治・除去すること」がニキビを解消することと思っている方が 少なくないようなのですが・・・。

それは、部分的に正しいものの、基本的には間違った認識と言えるのです。

あなたは、「アクネ菌」を「悪玉菌」だと思っていませんか!?

もし、そう思っているとしたら、ニキビの仕組みを間違って認識してしまっている可能性が高そうです。

「アクネ菌」は善玉菌にも悪玉菌にもなり得る「日和見菌」なのです!


常在菌フローラ

結論からお話すると「アクネ菌」は「日和見菌」に分類される存在です。

「日和見菌」とは、通常時は肌にとって、良い影響を与える善玉菌と同じ様な働きを担っています。

ですから、「アクネ菌」は肌にとって、必要な存在なんですね。

ただ、主に毛穴の中に存在しているアクネ菌は、「毛穴が塞がれてしまう」と急劇に増殖(異常をきたす)。

その結果、毛穴内にて炎症を生じさせ、「ニキビ」を発症させてしまうのです。

平常時は「善玉菌」として働いているのですが、ある条件下(毛穴が塞がる)となると、「悪玉菌」としての 働きをしてしまう・・・それゆえに「日和見菌」と呼ばれているのです。

アクネ菌を除去することは善玉菌を減らすことに!毛穴を塞がないことが重要。


ニキビ

「アクネ菌」は、平常時、善玉菌として活躍している存在です。

ですから、「アクネ菌」を肌から除去してしまうような対策を施すことは、肌環境を乱す事に繋がるもの。ニキビの根幹対策とは ならないんですね。

ニキビが生じてしまう、根幹要因が「毛穴の詰まり」です。

毛穴が「皮脂など」によって塞がってしまうことで、毛穴内部が炎症を起こす・・・それがニギヒとなりますので、「毛穴を詰まらせないこと」「毛穴の詰まりを解消すること」がニキビ対策となるのです。

アクネ菌は、毛穴の中を弱酸性に保つ働きを担っています。

これがいわゆる「肌バリア」の一要素に。

あなたがアクネ菌を減らそうと、一生懸命「除菌作用のある洗顔料」などを使用して、洗顔すればするほど・・肌バリア機能 が消滅。

肌荒れなど肌のトラブルに繋がってしまうんですね。まさに逆効果なのです。

ビオメディは善玉菌を増やして、余分な「皮脂」を排除。毛穴を詰まりにくい肌環境に。


常在菌フローラ

ビオメディは、独実に開発した成分「LG100」によって、善玉菌「表皮ブドウ球菌」を増やす作用が期待できるアイテムです。

この善玉菌「表皮ブドウ球菌」は「皮脂」を栄養分として、皮膚を最適な弱酸性環境としてくれる存在。 肌バリアを形成してくれます。

そう・・肌バリアを作る過程で「皮脂」を積極的に消費(除去)してくれるんですね。

その結果、毛穴が詰まりにくい環境が作られることに。必然的に「ニキビ」も生じにくくなるわけです。

これが、ビオメディ化粧品を使用することによって、ニキビが生じにくくなる仕組みなのです。

あくまで、皮膚常在菌環境を整えることによって、結果的(間接的)に「ニキビへの影響」が作られることに。。

ビオメディ・エッセンスミルクリームの概要

ビオメディ・エッセンスミルクリーム


●通常価格(単品購入):¥3,996円(税込)

公式SHOP割引価格(定期便コース):【初回】¥2,997円(税込) 【二回目以降】¥3,596円(税込)

現在、「最安値」で購入出来るのが下記「公式SHOP」となっています。

↓↓↓

「ビオメディの効果」関連情報

  1. ビオメディ「ファンデ・石鹸・ミルクリーム」の全成分を調査!
  2. ※アトピー・敏感肌※ビオメディ「常在菌フローラ健全化」の効果!
  3. ※成分効果※ビオメディ化粧品に含まれる「エラスチン」とは!?
  4. ※抗酸化作用※ビオメディ化粧品「フラーレン」の効果とは!?
  5. ※ニキビ効果※ビオメディ化粧品「ビタミンc誘導体」の役割とは!?
  6. ※口コミ評価※ビオメディ・ファンデーションのメリット&デメリット
  7. ビオメディ化粧品「ニキビ効果」を正しく理解!アクネ菌を活かす

「BioMedi(ビオメディ)」の関連情報