美容液

ビオメディ・ファンデーションの効果検証

プロテクティブファンデーションのメリット&デメリット

  1. ビオメディ・エッセンスミルクリームの効果は嘘?悪い口コミは?
  2. ※口コミ評価※ビオメディ・ファンデーションのメリット&デメリット

ビオメディ・ファンデーションの特徴(メリット・デメリット)

ビオメディ・ファンデーション

ビオメディ化粧品のファンデーションが「プロテクティブファンデーション」です。

とても使い心地が良く、肌に浸透するかのごとくの滑らかさが魅力となっている反面、 「カバー力」に疑問符を感じる方もいる模様。

そんなビオメディ・プロテクティブファンデーションの特徴を評価してみたいと思います。

目次

ビオメディ・ファンデーションの口コミ評価!


プロテクティブファンデーションの口コミ

ビオメディ・ファンデーションを実際に使用してみた方の様々な「口コミ」を調べてみると、大きく2つの特徴(口コミ内容)が 見えてきました。

ひとつが

●ファンデーションとしての「カバー力不足」を課題として評価(マイナス評価)

している口コミ情報。

もうひとつが

●滑らかな使い心地の良さ&ファンデを使うだけでスキンフローラが育まれる新たな機能に対する評価(プラス評価)

です。

ビオメディ・ファンデーションの「カバー力」は低いかも


カバー力

ビオメディ・プロテクティブファンデーションを塗った状態が上記写真です。

極め細やかさがあって、塗り心地がとってもスムーズ。綺麗な仕上がりとなるのですが‥反面、 やはり「カバー力」は少々劣っているかと思います。

この「カバー力不足」をデメリットとしてピックアップ。低評価としている方には、ひとつの共通点が ありました。それが・・。

●「毛穴が目立つ肌」「しみが目立つ肌」といった悩みを抱えている方

だったんですね。

そんな方にとっては、なんといっても、「毛穴・シミを隠す事」が最優先の要素となるものです。

ですから、正直、「プロテクティブファンデーション」では物足りないといった評価となったものと思っています。

ビオメディ・ファンデーションの「スキンフローラを育む力」「見た目の綺麗さ」が魅力に!


常在菌フローラ

反面、ビオメディ・ファンデーションに対して「高評価」をしている方が多く存在していたわけですが。

そのような高い評価をしている方の大半が先に記したような「肌の課題」は抱えていなかった方だったのです。

実際、好評と感じている方の中にも、「カバー力不足」に対して、「夏場の利用に少し工夫が必要かも」と いった感想を付け加えている方もいらっしゃいました。

しかし、特別、肌に大きな課題を抱えているわけではない、普通の肌状態の方にとっては、ビオメディ・ファンデーション の下記2つの特性が「カバー力不足」をはるかに凌ぐ魅力と感じたようなんです。

●とても滑かで使い心地が良く、仕上がりがとても綺麗なこと。

●ビオメディならではの成分「LG100」が配合されており、ファンデを使用するだけで、美肌に導かれることが期待出来ること。


確かに、上記2つの要素は、とっても魅力的な特性ですよね。

特に、「プロテクティブファンデーション」ならではの特徴となっている「美肌の促進」は画期的な要素かと。

一般的には、ファンデを施した状態って、「肌にとって良くない」といったイメージがありますよね。

でも、プロテクティブファンデーションの場合は、逆に・・使用することによって、皮膚常在菌バランスが整われて、肌バリア機能が UP。肌トラブルが生じにくくなることが期待できるんですから。

すごく画期的なことだと思いませんか!?

まとめ:現在、肌に大きなトラブルを抱えていない方におすすめ!


ビオメディ・ファンデの魅力

「肌のバリア機能の強化に繋がるファンデ」として、「ビオメディ・プロテクティブファンデーション)」は、他には無い大きな魅力を有しています。

現在、「毛穴の目立ち」「シミの悩み」を抱えている方には、おすすめ出来ませんが、それ以外の方に とって、毎日使用するファンデとして、「肌を育む力」は、すごい魅力となるものと思います。

ファンデは、毎日使用続けるアイテムですからね。まずは「単品購入」にてお試ししてみてはいかがでしょうか。

容量的(30g)に「約二ヶ月間」は使用出来そうです。

ただ・・・購入条件なども無く、いつでも解約可能なので、お試しのつもりでも最初から「定期購入」でスタートした方が お得かもしれませんね。

下記公式SHOPからなら、単品購入よりも「約¥1,000円」も安く購入出来ますので。

↓↓↓

ビオメディ・プロテクティブファンデーションの概要

ビオメディ・ファンデーション

●全成分
水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、イソステアリン酸、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエトキシカプリリルシラン、α-グルカンオリゴサッカリド、エンテロコッカスフェカリス、ヨーグルト液(牛乳)、セラミドNG、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、スクワラン、加水分解ローヤルゼリータンパク、アルテロモナス発酵エキス、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、シリカ、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、含水シリカ、キサンタンガム、アルギニン、フィチン酸、酸化銀、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

●無添加要素:8つの無添加
パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、 合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、サルフェート

●容量:30g
●通常価格(単品購入):¥4,212円(税込)

公式SHOP割引価格(定期便コース):【初回】¥3,159円(税込) 【二回目以降】¥3,791円(税込)

現在、「最安値」で購入出来るのが下記「公式SHOP」となっています。

↓↓↓

「ビオメディの効果」関連情報

  1. ビオメディ「ファンデ・石鹸・ミルクリーム」の全成分を調査!
  2. ※アトピー・敏感肌※ビオメディ「常在菌フローラ健全化」の効果!
  3. ※成分効果※ビオメディ化粧品に含まれる「エラスチン」とは!?
  4. ※抗酸化作用※ビオメディ化粧品「フラーレン」の効果とは!?
  5. ※ニキビ効果※ビオメディ化粧品「ビタミンc誘導体」の役割とは!?
  6. ※口コミ評価※ビオメディ・ファンデーションのメリット&デメリット
  7. ビオメディ化粧品「ニキビ効果」を正しく理解!アクネ菌を活かす

「BioMedi(ビオメディ)」の関連情報